クレジットカードとキャッシング

キャッシングの手続きや借り入れ手続き等についての基礎的なポイント

  • author: genkinkadekimasu
  • 2017年01月11日

融資を申し込む場合の最低限の知識としてまず確認するべきな事は、申込み手続きにあたり用いる書類はどのようなものかです。

どこの業者でもとりあえず欠かせない物は本人確認が可能な書類です。

それから、借り入れ額により所得証明書類を用意しないといけません。

通常は、銀行系における貸付けでは査定の合格基準厳しく利息が比較的低めであり、一方消費者金融系における融資の際査定基準が比較的甘めで利子は比較的高く設定されているという傾向にあります。

さらに、カード会社や信販会社の特徴は、一般的に銀行系と消費者金融系の中間に位置します。

お金を借りるとき、お金の受け取りの手順にも多様なやり方があります。

具体的に挙げると、スマホや携帯などを用いて申込みを行い指定の預金口座への送金といった形式や、金融機関の店舗やコンビ二などに設置されているATMやCDで現金を引き出す形式など様々です。

借入れをする際には消費者金融のような貸金の業者の場合は、銀行などの融資に比較すると借入れの審査が比較的短時間である傾向にあります。

中には携帯やパソコンで申込みから借入金の振り込みまでを済んでしまう会社は沢山あり、お金を返すときについてもコンビニのATMで行えると言うお手軽な面が評価されています。

借りる際に担保も保証も無くてもキャッシングが可能な面は本当に手軽な物ですけれども、反面、金利については少々高く設定されているケースが大半ですし、借入れ可能な金額にも上限が決まっています。

まず最低限の知識をしっかり頭に入れ、なるたけお得な手段を選択して借入れられるようにします。

参考:キャッシングのポイント 

トラックバックURL

この記事のトラックバックURL

この記事にコメントする

名前
メール
URL
  • 情報を記憶:
  • 評価:

ページトップに戻る▲